スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観てきました。

タイトルの響きも映像もハリー・ポッターのようだと思ったら、同じ監督らしいです。

現実にはあり得ない「想像の世界」が逆に楽しませてくれました。

子供から大人まで楽しめますし、続編が出そうです。

ギリシャ神話に出てくる男の神様や女の神様は、なぜか人間と結婚をしてすぐさま去ってしまう。

神様と人間の子供をデミゴットというそうな。

「男の神様と女の神様は結婚しないのだろうか?」
というどうでも良いところで悩みました。

3Dではなかったのですが、迫力がありました。
カテゴリ:映画 | 17:04 | comments(0) | -
DVD観賞
 今日は代休のため、ゆっくりとDVD観賞をしました。

「センター・オブ・ジ・アース」 は、考古学者が地底に行く冒険ファンタジーで、ありえないことがたくさんありましたが、現実とのギャップがあり、さらにハラハラドキドキの連続で非常に面白かったです。

「アンダーワールド ビギーンズ」 は、ヴァンパイアと狼男の戦いのシリーズもののはじまりをテーマにしていて、これも現実的にはありえないものですが、激しいアクションによってハラハラさせてもらえました。

映画館には、月に1回くらいのペースで観に行きます。見逃した映画はDVDでちょこちょこ観ることができるので、ありがたいです。
カテゴリ:映画 | 21:25 | comments(0) | -
ラブリーボーン
ラブリーボーン


本日、ラブリーボーンを観てきました。

主人公のスージーは14歳で殺害されてしまいます。
彼女があの世に行ってから彼女や彼女の家族、友達のこころのさまが描き出されています。

彼女は自分の身に起きたことを、本当の意味で受け止めきれず犯人を恨みます。(こんな目に合えば当然のことですね。)

しかし、その恨みのこころは家族をバラバラにしてしまいます。

スージーは問題に意識が向いていましたが、ある事件を機に心を改めます。恨むことをやめ、自分がどうしたいのかという本来の気持に意識を切り替えます。そこから、展開が変わっていきます。

この映画は終わってから、じわじわと感慨深さを味わせてくれました。今でもその感覚が続いています。

「自分はどう生きたいのか」ということの大切さを教えてくれました。
カテゴリ:映画 | 20:57 | comments(0) | -
パコと魔法の絵本
日曜日(久々に日曜日休みましたぁ〜楽しい欠勤じゃないよ)に、パコと魔法の絵本を観てきました。

笑あり楽しい、涙あり悲しいの素敵な映画でした。どんでん返しびっくりなどもあったりして、退屈することがありませんでした。

特に、絵本、つまりメタファの影響により人が変わっていくありさまが印象的でした。

気軽に観ながらも、いくつになっても人生やり直せるという意味、今この瞬間に生きるということの大事さなども伝わってきました。

日本映画やるじゃんグッド

カテゴリ:映画 | 11:53 | comments(2) | -
アイアムレジェンド
アイ・アム・レジェンド
アイ・アム・レジェンド

昨日の夜、アイアムレジェンドをDVDで観ましたテレビジョン
映画は娘と観るようにしているので、子供でも観れるものになります。そのため、自分が観たいものはDVDCDになります。

この映画には、引きこまれました。自分がこのような状況になったらどうするだろうかという視点で観ました。

孤独、正義感、悲哀、勇気など、いろんな気持ちを味わえる映画でした。

私としては、かなり良かったです☆

追伸:ウィル・スミスカッコいいです楽しい
私は同年代なのですが、ちょっと負けてるかも思いました。(負け惜しみです。)
カテゴリ:映画 | 12:42 | comments(3) | -
犬と私の10の約束
犬と私の10の約束を観てきました。

こころ暖まる感動的な映画でした。

何気ない日常が、色鮮やかに観え、聴こえ、感じられます。

この映画のように、こころに響く感動的なものを日本映画は作っていったらよいのではないかと私は思います☆




カテゴリ:映画 | 12:05 | comments(2) | -
ビームービー
今日は、平和島ビックファンで
「ビームービー」
を観てきました。
(その後は、平和島温泉というのが自己メンテナンスのパターンです。)

ミツバチ目線で世界を見ると、こんな感じなんだなーという世界でした。

子供映画とは思えないストーリー仕立てでとても面白かったです。

自分は組織の中の一人であり、どんな小さな仕事でも大事な役割をになっていることを教えてくれます。

面白い上に子供の教育として良いですし、大人にとっても大事なことをメタファーとして教えてくれます☆
カテゴリ:映画 | 19:27 | comments(4) | -
<< | 2/3PAGES | >>